【小説】『夏へのトンネル、さよならの出口』を読みました。もはやラノベクオリティの域を超えている

 前回は第14回小学館ライトノベル大賞の受賞作品『このぬくもりを君と呼ぶんだ』についての感想を書きましたが、この作品を読んでいるときに「そういえば前回の受賞作品で気になっていたのまだ読んでなかった」ということに気がつき、 … 続きを読む 【小説】『夏へのトンネル、さよならの出口』を読みました。もはやラノベクオリティの域を超えている