【ゲーム】『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』シリーズ最高傑作のシナリオかもしてない

 11月18日にポケモンシリーズ最新作となる『スカーレット・バイオレット』(ポケモンSV)が発売されました。

 ネットニュースで見かけたのですが、発売三日間で1000万本を突破し、ポケモンシリーズやニンテンドースイッチ作品だけではなく任天堂ゲーム史上最速らしいです。それだけ人気のあるシリーズであり、期待度も高かったです。

 自分も発売日に仕事を休んでプレイしました。シリーズ初のオープンワールドもそうですけど、純粋にポケモンシリーズ最新作としての完成度に満足しています。一方でバグの報告が多々あり、技術的な課題を残した点もあります。

 自分も一時間かけてキャラメイクしたのに主人公の家を出た瞬間に肌が黒に変わる現象が起きて、しかも主人公だけではなく母親や校長まで画面にいる人物全員の肌が濃くなっていたので、泣く泣くリセット。二回目では発生しなかったので、肌色バグがあるみたいです。

 さて、この書き物は「物語に触れて感じたことを語る」を趣旨としていますので、今回は『ポケモンSV』のストーリーについて感じたことを語っていきます。

 今回の『ポケモンSV』では三つのストーリーが用意されており、オープンワールドを活かしてどのルートのどの順番で攻略してもいい、プレイヤー任せの自由度の高いストーリーです。

 一つ目がポケモンといえばジム攻略からのポケモンリーグ挑戦をする「チャンピオンロード」。二つ目が各地のヌシポケモン挑む「レジェンドルート」。学園の不良集団であるスター団と対峙する「スターダスト★ストリート」。 

 これらを初代ポケモン(赤・緑)でたとえると、「チャンピオンロード」はそのまんまジム攻略。ちなみにポケモンリーグ挑戦前のダンジョンの名前がチャンピオンロードだったはず。「レジェンドルート」は、たとえるならばカビゴンとかフリーザーなどといったシンボルエンカウントするポケモンをシナリオ化した感じ。「スターダスト★ストリート」はロケット団との戦いといったところですかね。

 発売前からルートが三つあって自由に攻略していいと情報が出ていたので、てっきり「どれか一つ選んでクリアする」と思っていたのですが、実際にプレイしてみると、一個のルートを集中して攻略するよりは全ルートを並行して攻略した方がいいことに気がつきます。一つに集中すると相手のレベルの上り方がシャレにならなくなる。次のジムのレベルが高いけどその間に攻略適正レベルのヌシがいる、みたいな感じです。自由なのは攻略順だけ。

 さらにストーリー的なことを言えば、ラストシナリオ開放の条件が三つのルートをクリアすることなので、結局のところ三つ全部やらなければならない。ちなみにラストに開放されるルートを初代ポケモンでたとえるならば、ポケモンリーグ後に入れるようになるハナダの洞窟をシナリオ化したようなもので、このハナダの洞窟的なダンジョンをクリアしてエンディングとなる。

 今回の『ポケモンSV』においてストーリー面で注目すべきところは、まさにこのラストダンジョンシナリオ「ザ・ホームウェイ」にある。

 その「ザ・ホームウェイ」を語る前に、三つのルート「チャンピオンロード」「レジェンドルート」「スターダスト★ストリート」の方向性に触れておきたい。

「チャンピオンロード」は言ってしまえばポジティブな青春ものといったところだろうか。ポケモンを育てて強くなる、という話はまさに漫画的なスポ根である。

 一方で「スターダスト★ストリート」はシリアスでネガティブな青春もの。いじめや不登校といった学校問題を取り扱った話はテーマ性に優れており、今回の舞台となっている学園の設定を活かした良シナリオ。

「レジェンドルート」がまさかの感動もの。「スターダスト★ストリート」が主人公が所属する学園を描いた話であるならば、この「レジェンドルート」は舞台となっている世界観に迫る話になっている。とはいえ「レジェンドルート」のメインは人とポケモンとの絆にあり、世界観に迫る話は伏線張りにとどまる程度。

 そして「レジェンドルート」にて提示された世界観の伏線を回収するのがラストルートである「ザ・ホームウェイ」である。

 正直最初のルートが三つあるといいつつも、全体的なストーリーでみると「レジェンドルート」からの「ザ・ホームウェイ」の流れが本編であるような気がして、「チャンピオンロード」も「スターダスト★ストリート」も悪くはないけどサイドストーリー感が否めないですね。そう思ってしまうくらいに「レジェンドルート」「ザ・ホームウェイ」の話がよすぎた。

 その「ザ・ホームウェイ」なんですけど、ラストダンジョンである「エリアゼロ」に入った途端に「なにこれメイドインアビス?」と思ってしまった。「エリアゼロ」の内部がまさに『メイドインアビス』そのもので、さながら『メイドインアビス』をゲーム化したかのよう(そういえば『メイドインアビス』のゲームってあったような気がします)。

 その『メイドインアビス』風のラストダンジョンの奥まで行くとシナリオが進行するのですが、そこからの展開が本格的なSFで驚いた。

 ネタバレになるので割愛しますけど、まさに映画的な怒涛のSF展開でして、とくに演出が卑怯なくらいに素晴らしい。

 これまでポケモンについては「モンスターボールというハイテク捕獲道具があるからSF!」と主張していましたけど、そんなことわざわざ言わなくてもガッツリSFになっているところは、いちSFファンとして楽しめましたね。

 なんといいますか、これポケモンとしてよりも純粋にSF作品として傑作だった感じです。ポケモン最新作ですけど、それ以上にとんでもないSF作品と出会ってしまった感があって、いやこれSF好きとしてはたまらないですよ。

 ゲームとしての評判はバグ等もあって賛否があるかもしれませんが、少なくとも、ストーリーに関してはポケモンシリーズにおいて飛びぬけてクオリティが高い、紛うことなく最高傑作だったといえますね。

 いやこれ、ポケモンでここまでのストーリーをやるのか!? 正直ポケモンのストーリーってそこまで突出したものがあるわけではなかったのですけど、今回の『ポケモンSV』では初めてストーリーを周回したいと思えた作品でした。

 といった感じで、ポケモンシリーズ最新作『スカーレット・バイオレット』について。

 そうそう、十二月からランクマッチのシーズン1が開始されるとのことで、現在ポケモン育成中です。なんとか開催までに育成を間に合わせたいし、開催後もひたすらポケモンバトルして、バトルしながら研究を進めてより勝率をあげていきたいので、ゲーム自体はクリアしてますけどまだまだポケモン漬けの日々が続きそうです。こちらの更新も遅くなるかもしれませんが何卒ご理解お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です