【ゲーム】『真・女神転生V』をクリアした。ボリュームが凄すぎる。いやー充実した一ヵ月間でした

 2021年11月11日に、アトラスの人気シリーズ『女神転生シリーズ』最新作となる『真・女神転生V』がニンテンドースイッチ専用ソフトとして発売しました。

『真・女神転生V』

 公式ページ

https://megaten5.jp/

 あらすじ(公式ページより転載)

 汝よ、神と為れ―。

 主人公は都内に住む高校三年生。全寮制の縄印学園に通いながら、平和な毎日を送っていた。ある日、友人たちと共に下校路にある品川駅を通り抜けようとするが、近くで殺人事件が発生したらしく、駅は通行止めになっていた。主人公は別行動を取った友人を探し、付近のトンネルを訪れる。そこで起こった崩落事故。事故に巻き込まれた主人公は、気を失ってしまう。目を覚ますとそこは、荒廃し砂漠と化した東京だった。そして主人公は、異形の存在〈悪魔〉に襲われる。逃げ惑う主人公の前に突如として現れた謎の男。「少年、死にたくなければ手を取れ」その手を取った瞬間、二人はまばゆい光に包まれ融合を果たす。禁忌の存在〈ナホビノ〉へと変貌したのだった。ナホビノの力を使い悪魔を撃破した主人公は、〈ダアト〉と呼ばれる砂漠の東京をさまよう。ダアトには、巨大な龍や凶悪な魔王など神話の世界に存在する神や悪魔たちが跋扈し、お互いの存続を掛けて熾烈な争いを繰り広げていた。いったい東京に何が起こったのか? この姿、ナホビノとはいったい? 真実を求め進むうち、主人公は世界の未来を賭けた、神と悪魔たちの戦いに身を投じることになる。

https://megaten5.jp/story_character/

『真・女神転生V』PV01

『真・女神転生V』PV02

『真・女神転生V』PV03

『真・女神転生V』PV04

 子供のころに『真・女神転生III-NOCTURNE』(以降メガテン3)をプレイしたのがメガテンシリーズの最初で、その世界観とストーリーによって当時の中二病心を大いに刺激した思い入れのある作品。悪魔全書で世界の神話や悪魔を覚え、自身のバイブルとしていい思い出になっています。

 以降、メガテンシリーズだけではなくペルソナシリーズやライドウシリーズなど、アトラスのゲームを好んでプレイするようになりました。そして今回、満を持して発売されたシリーズ最新作『真・女神転生V』(以降メガテン5)を発売日に購入。日々の読書とかアニメ鑑賞などそっちのけでプレイして、ついこの間ようやくクリアしました。

 クリア時間は98時間37分。いやーボリューム満点で大満足です。

 というのも今回のメガテン5は、シリーズ作屈指の超大作になっています。それはマップひとつとってもそうで、まるでオープンワールドであるかのような広大なマップ。ホント、マップが無駄に広すぎて探索だけでも時間がかかる。

 加えて、最初の頃はカメラアングルをはじめとする操作に慣れず若干酔うなど、今までのメガテンとは違う部分で初見殺しにかかっていて、理不尽でお馴染みのメガテンらしさ(?)があってそれだけで楽しかったです。というか今回は、RPGではあるもののアクション要素が強く、むしろRPG要素のあるアクションゲームのような感覚さえあるといったところ。

 今回はマップそのものがある種のダンジョンみたいな感覚で、明確なダンジョンは中盤の魔王城とラストダンジョンの二つのみ。まあ荒廃した東京を3Dマップでここまで作り込んでいるので、普通にマップを探索するだけでポストアポカリプス感を満喫できる素晴らしい出来ではありますね。

 RPGとしての戦闘もシステム面でもモーション面でもクオリティが高く、雑魚敵戦であってもバトルが楽しい。これはメガテン3でもそうでしたけど、今回のメガテン5は最新作ともあってシリーズ屈指の中毒性のあるバトルに仕上がっているのもポイントですかね。

 ホント、広大なマップを隅々まで踏破し、道中の雑魚敵も残らず殲滅し、サブクエストや収集要素もコンプリートし、悪魔全書(ポケモンでいうところのポケモン図鑑)も一周目で可能な範囲で埋め(メガテン5では周回プレイしないと悪魔全書が埋まらない)るなどの結果が、プレイ時間98時間37分になったのだと思います。いや充実した一ヵ月間でしたよ。

 と、ここまでメガテン5のプレイ感想を述べてきましたが、この記事を掲載している『物語中毒者の戯言』は物語に触れて感じたことをゆるーくテキトーに呟いていく趣旨のものですので、ここからは本来の趣旨にのっとりメガテン5のストーリーについてのお話。

 メガテンシリーズは派生もありつつも、基本的にSF要素やファンタジー要素のある伝記作品に該当する。世界中の神話から民間伝承にいたるまで幅広いモチーフを用いて物語が作り込まれています。

『女神転生』は元々、80年代に発表された西谷史による伝奇SF小説『デジタル・デビル・ストーリー』が原作で、その『デジタル・デビル・ストーリー』の第一章のサブタイトルが『女神転生』。

『デジタル・デビル・ストーリー』は数式化に成功した魔術を用いて「悪魔召喚プログラム」を作ったことによってお話が始まる作品。その小説『デジタル・デビル・ストーリー』を今でいうメディアミックスによってゲーム化したのが女神転生シリーズ第一作『デジタル・デビル物語 女神転生』ということらしいです。

 この『デジタル・デビル・ストーリー』はゲーム化というメディアミックスと、学園ものやSFやファンタジーを取り入れ、また文体も読みやすさ重視で簡略化されているなど(簡略化され過ぎて小説の創作論において悪い文章のお手本みたいな紹介をされるときもありますけど)、今でいうところのライトノベルの先駆け的な作品にあたるのではないかと思います。ライトノベル起源説においては確証がなく多くの作品が候補に挙がっていますけど、この『デジタル・デビル・ストーリー』もそんなライトノベルの起源とされる作品の一つだと認識しております。

 ちなみにですが「女神転生」というのは、激しくネタバレになりますけど、ヒロインが日本神話の女神イザナミの転生体であることに由来しているそうです。

 そして小説を原作とした『デジタル・デビル物語 女神転生』とは別に、設定を見直しゲーム独自路線にしたのが『真・女神転生』シリーズであると記憶しております。ガンダムでいうところの原案富野由悠季みたいなものかもしれません。

 さて、その『女神転生シリーズ』ですが、シリーズを通して神話的な秩序と混沌をテーマにしたストーリーが特徴。どの作品もロウルートとカオスルートが用意されており、作中の選択肢によってルートが分岐し、それぞれのエンディングに至るシナリオとなっております。ただしメガテン3においてははっきりとしたロウカオスの区分けではなく、思想の違いによるルート分岐になっています。

 今回のメガテン5においてもロウルートカオスルート、そしてトゥルーエンド的なニュートラルルートがあるのですが、しかしながらメガテン5においては作中はっきりと明言されていないというか、ロウルートははっきりロウの主張だなって思うのですけど、まさかニュートラル的な主張をしている方が実はカオスルートであったり、カオス側だと思っていた方が実はニュートラルルートだったりと、ちょっとした意外性があったのが面白かった。とはいえニュートラルルートも二つに分岐し、片方はまさにトゥルーエンドなんですけど、もう片方はバットエンド的なオチ。

 ちなみにですが自分はニュートラルルートのトゥルーエンドでした。あとで攻略wikiを見たところ、実はルート分岐がラストダンジョンでの選択肢で決定するそうで、道中の選択肢は最終的な選択と一致しているとボーナスがもらえる設定になっているそうです。

 なのでクリア後にラストダンジョンのセーブデータを使って、周回プレイする前に全ルートのエンディングを先に見ちゃいました。各ルートある意味ハッピーエンドであったりビターエンドであったりするのですが、どのエンディングも皮肉が効いていて面白かったですね。あと自分が最初に見たトゥルーエンドはなんかオチが世にも奇妙な物語みたいな感じになっていたのが笑えました。

 ただあえて個人的な好みをいうと、ストーリーに関してはメガテン3の方が好みに合致してた。女神転生シリーズは神話をモチーフにしている以上、全体的に宗教学的なシナリオになっており、今回のメガテン5も例にもれず宗教学のような雰囲気を漂わせていました。

 一方メガテン3って宗教学というよりはどちらかというと哲学のストーリーで、登場人物たちが抱く思想の違いによってルートが分岐していき、お話の中で世界のあり方、そして人としてのあり方を問う内容でした。とはいえメガテン5も同様にあり方を問う内容でもあるのですが、メガテン5はより神話的であったという印象ですかね。個人的には普段SF作品(スペキュレイティブ・フィクションを含む)に触れることが多いので、メガテン3のような哲学的要素強めの内容の方が好みに直撃したといったところでしょうか。

 そうそう、先程メガテン3と比較しましたけど、今回のメガテン5は作中をよく注目してみると、実にメガテン3のリスペクトを感じさせる小ネタが多い。というか最早メガテン3の続編がメガテン5と言っていいくらいにメガテン3の要素がある。

 というのも、メガテン3における分岐の一つアマラルート(マニアックス版で追加された新エンディング)のオチが、「魔王ルシファーにそそのかされて創生を諦めて神に戦いを挑むぜ!」という俺たたエンド(俺たちの戦いはこれからだ!エンド)なんですけど、メガテン5においては創造主が倒されて神亡き世界という設定で物語が進んでいるので、メガテン3とメガテン5って間を省略してますけど辻褄的には繋がってしまっているのです。

 それに加えてメガテン5における魔界ダアトも、メガテン3において東京受胎によってボルテクス界になった東京がまさに砂漠でして、その荒廃具合が実にリンクしているのです。メガテン3ではフィールドマップだったのが、メガテン5では実際に操作して探索できるという印象。

 それにメガテン5の作中において、メガテン3ではお馴染みの「アレ」がしれっと登場しちゃっていますし、人物の台詞とかにもメガテン3の用語がしれっと出てきちゃっていますから、「やっぱりメガテン5ってメガテン3のアマラルートの続編じゃないですか!」とツッコミたくなりますね。去年のほぼ同じ時期にメガテン3のHDリマスターが発売されたのはそういう意図があってのことだったのかと邪推したくなりますね。

 ただいくらメガテン3の要素が強いとはいえ、はっきり続編と宣言しているわけではなく、ゲームの内容としてもメガテン5単体で充分筋の通っているものになっていますので、これまで女神転生シリーズをプレイしたことがない方でもいきなりメガテン5をプレイしても問題ないかと思います。メガテン3をやっていると細かいところでニヤッとできる程度です。

 というかメガテン5はメガテン3だけではなくそれ以外のシリーズ作品のネタも踏襲しているんですよね。とくに原作『デジタル・デビル・ストーリー』における女神転生要素とか。シリーズを重ねてると女神が転生する要素が段々なくなっていくのですけど、今回メガテン5ではまさかのちゃんと女神が転生する要素を入れていまして、しっかりタイトル回収している点は正直驚きでしたね。

 という感じでメガテン5を語ってきましたけど、いやー女神転生シリーズにおいて間違いなく最高傑作でしたね。これまでメガテン3がシリーズ最高傑作でしたけど、自分としてはメガテン3をはるかに超える神ゲーでした。(まあシナリオに関しては個人的な好みの問題でメガテン3の方が好きでしたけどね)

 プレイ時間が98時間もかかりましたけど、それだけに充実したプレイでした。これからまた周回プレイしてデータ上においても全ルートを制覇したいですね。まだまだ読書やアニメそっちのけでゲームする生活が続きますね。

 というかメガテン以外にもポケモンのダイパリメイクとかもプレイしたいのでやりたいゲームが渋滞している。噂を聞く限りですとダイパリメイクが初代ポケモンに匹敵するくらいのバグゲーであるそうなので、違う意味でちょっと楽しみにしています。まあメガテン5の周回プレイが終わってからになりますけど。

 そんなこんなで、『真・女神転生V』についてでした。

☆関連記事☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。