【小説】『千歳くんはラムネ瓶のなか』を読みました。リア充の美学で陰キャをプロデュースする俺カッケー!!

 先月とか先々月の話ですけど、ツイッターのタイムラインをザっと見てみるととあるラノベの新刊の感想ツイートを多く見かけまして、あまりの多さに「そんなに面白いのか?」と思い、じゃあ教養としてその注目の最新ラノベでも読んでみようと思って一巻目を手に取りました。……まあもしかしたらまんまとステマに釣られたのかもしれませんが、そんなことは気にしない方向で。タイトルは『千歳くんはラムネ瓶のなか』です。

  基本的な書籍情報。

  著者:裕夢

 『千歳くんはラムネ瓶のなか』

  小学館 ガガガ文庫より出版

  刊行日:2019/6/18

  あらすじ

「五組の千歳朔はヤリチン糞野郎」―学校裏サイトで叩かれながらも、藤志高校のトップカーストに君臨するリア充・千歳朔。彼のまわりには、外見も中身も優れた友人たちがいつも集まっている。圧倒的姫オーラの正妻ポジション・柊夕湖、努力型の後天的リア充・内田優空、バスケ部エースの元気娘・青海陽…。仲間たちと楽しく新クラスをスタートさせたのも束の間、朔はとある引きこもり生徒の更生を頼まれる。これは、彼のリア充ハーレム物語か、それとも―?新時代を告げる“リア充側”青春ラブコメ、ここに堂々開幕!!第13回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞。

 新人賞受賞作品とのことで、以前読んで絶賛して記事にした『夏へのトンネル、さよならの出口』と同じ回の受賞作品のようです。なかなか、第13回は粒揃いってところですか? 選評で「問題作」とされた『千歳くんはラムネ瓶のなか』ですが、まあある意味斬新で尖ってるなー、というのが読んだ素直な感想でした。

 あらすじにもある通り、超絶リア充の主人公が陰キャ引きこもりオタクを更生させるというお話になります。このあたりは昔テレビドラマとして放送されていた『野ブタ。をプロデュース』っぽい方向性でもありますかね。それを今の時代の文脈でリバイバルしたイメージがまさにこの作品の印象でした。

 作中では、主人公のリア充グループ「チーム千歳」メンバーとのやり取り、リア充主人公千歳自身の言動、そして引きこもり陰キャ健太の視点へのアンチテーゼなど、リア充の美学みたいなものを感じ取れるものとなってます。

 このあたりの要素が結構強く出しているので、捉え方によっては「説教臭い」とか「主張が強い」と感じられてしまうかもしれません。とくにライトノベルの読者層を考えると、真っ向からオタク全否定みたいな印象を受けてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 ただその点についても自分としては斬新だと感じまして、昨今の異世界転生や美少女ラブコメ作品にあるような「人生うまくいっていないオタクを気持ちよくさせるだけの作品ってこういう感じでしょ」に反発する熱量があったような気がしてます。

 そういう観点も含め、ある意味では陰キャの美学が面白かった『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(通称『俺ガイル』)とは真逆のアプローチで挑んだ作品というのが、この『千歳くんはラムネ瓶のなか』ではないかと。

『俺ガイル』を大ヒットさせたガガガ文庫が、新人賞作品で下克上するみたいな、新しい時代のラノベを切り開くぜ!みたいなものを勝手に感じまして、作品として普通に面白いのですが、作風が作風だけにガガガ文庫からこの作品を出していること自体がもう面白くて、二重三重の意味で楽しめた作品でしたね。

 なんといいますか、これまでのライトノベルや漫画ではリア充を悪者として描かれがちではありましたけど、それをむしろ主人公側に持ってくることで、これまでなかなか語られることなくむしろ周りから誤解されがちであった価値観を真正面から描いたのは素晴らしかったですね。

 という感じでライトノベルとしてかなり挑戦的なことをしている『千歳くんはラムネ瓶のなか』ですが、かといって邪道かといわれると意外とそうでもない感じですかね。

 登場するリア充グループメンバーのキャラクター性も個性的で、このあたりのキャラ設定とかはむしろ王道的な青春ラブコメを感じましたね。ストーリーの規模を考えるとちょっと登場人物多すぎのような気もしますが、しかしそれでも各キャラクターの見せ場をしっかり用意していますし、なにより皆キャラがいいので人数多くても人物の識別がしやすかったです。

 まあ人物多すぎて掘り下げ不足というか、決して悪い意味ではなくむしろ「もっとこの子たちの絡みを見たい!」という前向きな欲求があって、ある種の消化不良感はありましたね。とくに主人公千歳の野球部関連の過去とか、ヒロイン夕湖と千歳との前日譚とか、優空の一年生時のエピソードとか。そういうのは匂わせるだけ匂わせておいて結局語られなかったので気になります。

 とはいえシリーズもののライトノベルですので、そのあたりの欲求はシリーズ読めって話になるのですけどね。一巻目はまさにシリーズ第一作といったところ。

 ちなみにですが自分としては七瀬がお気に入り。七瀬いいキャラしてる!

 あと『千歳くんはラムネ瓶のなか』のライトノベルらしいところといえば、この作品って所謂俺TUEEEなんですよね。俺TUEEEはよく異世界ファンタジー系の作品で多くみられる属性ですけど、異世界系ラノベの文脈をラブコメの文脈に落とし込んでいるのがまた斬新でした。というかラブコメで俺TUEEEってなんだよ。

 といった感じで『千歳くんはラムネ瓶のなか』を読んでみましたが、確かにね、面白いライトノベルですね。ツイッターとかで感想ツイートが多く発信されるのも納得しました。

 自分もこのままシリーズ全部読んでしまおうかと考えましたが、でもこういう作品ってどうせいずれテレビアニメ化するでしょ? なんか今全部読んでしまうのではなくアニメ化したときの楽しみも残しておきたい気持ちもあって、さてどうしようかといった感じです。これはダメですわ、完全に沼にハマるパターンですよコレ。

 ということで、今回はライトノベル『千歳くんはラムネ瓶のなか』についてでした。

☆関連記事☆

“【小説】『千歳くんはラムネ瓶のなか』を読みました。リア充の美学で陰キャをプロデュースする俺カッケー!!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です