【アニメ】2022年夏の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part1

 夏になりましたので、恒例企画。

 2022年夏アニメの新作をピックアップ。放送された第1話の感想を書いていきます。

 ここで感想を書くのは、事前情報ほぼなし、完全初見でクリーンな気持ちで見始めた作品に限ります。2期や3期などの続編もの、またはすでに原作の内容を知っているタイトルは除外します。

 あと、個人的な期待度みたいなものを表記していきます。

 ◎:期待(大)次週も楽しみな作品。

 〇:期待(並)とりあえず面白そうだから見続ける。

 △:期待(小)もしかしたら後々化けるかもしれないから様子見。

 ×:期待(無)多分2話は視聴しないと思われる。

『神クズ☆アイドル』

・公式ページ

https://kami-kuzu.com/

・あらすじ

 顔はいい。しかし、歌わない踊らない。ファンサしない。まったくやる気のないクズアイドル仁淀ユウヤ。金のために芸能界に足を踏み入れたが、あまりに熱意のない仁淀は、ついに社長からクビを宣告される。そんなに仁淀に神アイドルとの出会いが訪れる。

・ジャンル:アイドル

・感想

 幽霊が出てくるアイドルアニメって流行っているのだろうか? なんだっけ……確か『IDOLY PRIDE』だったか。このアニメでも現アイドルと幽霊アイドルの組み合わせですが、こちらは主人公が男性アイドルなので女子向け作品かと。コンセプトがわかりやすく話の掴みはよかったのですけど、コメディとしては低刺激で、無難に見れてしまえるのはどうなんだろうと感じました。ながら視聴に向いてるのかも? あと数話くらいは様子見しますが、派手な展開がなければ自然消滅的に見なくなりそう。

・期待度:△

『てっぺんっ!!!!!!!!!!!!!!!』

・公式ページ

https://teppen-anime.com/

・あらすじ

 女子高生漫才トリオ・ヤングワイワイの阪本やよい・高橋よもぎ・細野ゆずの3人は、お笑い選手権「てっぺんグランプリ」の地方予選を突破し、本選出場権を得た。本選前最後の試練として、お笑いの先代たちが過ごした由緒正しき学生寮・タカコ荘にて、他の地方予選を突破した4組のお笑いトリオとともに共同生活を送ることに。てっぺんグランプリ委員会から課される様々な試練を乗り越えることが、本選出場最後の条件となるのだが――!?

・ジャンル:お笑い

・感想

 これは厳しいぞ……。テレビアニメでお笑いは鬼門だということを再認識しました。5分アニメでやるような内容を30分フルでやるものですから、まあ退屈。しかも第一話から登場人物が多い。内容的にも第一話はメインの三人だけで充分だったかと。以前にも美少女お笑いアニメはありましたけど、コメディならまだしも純粋にお笑いで勝負するのはやっぱ無理があるかも。これは一話だけでいいです。

・期待度:×

『リコリス・リコイル』

・公式ページ

https://lycoris-recoil.com/

・あらすじ

 日本の治安を守る秘密のエージェント「リコリス」である井ノ上たきなは、ある事件をきっかけに喫茶「リコリコ」への転属が命じられる。超優秀なNo.1リコリス(?)の千束とバディを組み、DA復帰を目指し意気込むたきなだが、リコリコでの仕事はひとクセもふたクセもあり!?

・ジャンル:SF

・感想

 キャラデザが可愛く作画もいいので見入ってしまいますね。話の内容はラノベっぽさのあるB級アクションものですが、とはいえこのキャラデザでシリアスなアクションものをやられても反応に困るので、これくらいの軽さでJKが無双するのがちょうどいいのかもしれない。まあ設定とか細かいところが気になりますけど、そういう野暮なことは気にせず半ば頭空っぽにしながら可愛い女の子による無双アクションを楽しむタイプのアニメかもしれませんね。あと個人的にですけど、一応この作品はバディものとしての要素があるものの、自分としては百合展開に期待したい。主人公のキャラがいいので主人公が引っ張るかたちの百合が見たい。

・期待度:〇

『Engage Kiss』

・公式ページ

https://engage-kiss.com/

・あらすじ

 常に金には困っているが、元恋人であるアヤノと献身的に尽くしてくれるキサラのサポートのおかげでなんとか暮らせているシュウ。PMCとしての仕事も同様で、今日もアヤノの協力により、カジノで起こった「D災害」対策事業の入札競争をダンピング価格で勝ち取った。悪魔退治の現場では、キサラの悪魔の力に頼るつもりだったのだが、お金のことで機嫌を損なわせたため、彼女の姿はない。しかたなく、アヤノの所属する大手PMCと協力し、悪魔と対峙するが、だんだんと戦いの雲行きが怪しくなって……。

・ジャンル:現代ファンタジー

・感想

 ちょっと前の『takt op.Destiny』をよりラノベっぽくした感じで、主人公ではなくヒロインが戦うタイプの作品。戦闘シーンでのアクション作画も『takt op.Destiny』っぽさがある。個人的にはヒロインのヤンデレ具合が素晴らしかった。こういうヤンデレヒロインを久しく見ていなかったので、ヤンデレ好きとして大変ありがたい。加えてクズ主人公との兼ね合いもよく、純粋に楽しめましたね。なんでしょう、スニーカー文庫あたりから出ていそうなエロラノベっぽい感じですかね。意外と楽しめました。

・期待度:〇

『シュート! Goal to the Future』

・公式ページ

https://shoot-anime.com/

・あらすじ

 かつて様々な伝説を生み出し強豪と呼ばれた掛川高校サッカー部。しかし今やその栄光は見る影もなく、地区で最下位の弱小チームと成り果てていた。主人公・辻秀人は何事にも熱中できない虚無な日々を過ごしている。ある日クラスメイトでサッカー部員の風馬に「サッカーを馬鹿にした」と誤解され、PK勝負を申し込まれる。が、肝心の秀人は異常な程にサッカーを拒絶したのだった。どうやら彼はサッカーに対してトラウマを抱いているようで、風馬たちを置き去りにしたままその場を立ち去ってしまう。秀人がたどり着いた先の公園で出会ったのは、サッカー部OB「闘将」神谷篤司だった。彼から煽られるがまま、過去を断ち切るため風馬との対決に挑んだ秀人だが、勝負は意外な展開を迎える――。

・ジャンル:スポーツ

・感想

 見ながら「作風が古臭いな……」と思いましたが、調べたら原作が古い作品だった。今の時代でこのノリはキツイぞ……。それになんかホモホモしい。内容としては、同じサッカーアニメとして春から2クールで放送されている『アオアシ』との比較となってしまいますが、ストーリーや作画などのクオリティが劣ってしまっている。まあ作画については『さよなら私のクラマー』ほど酷くはないのですけど、多分作画崩壊しそう。自分としてはノリが痛々しくて、二話はもういいかなって感じがしました。

・期待度:×

『ユーレイデコ』

・公式ページ

https://yureideco.com/

・あらすじ

 ベリィは情報都市トムソーヤ島に住む普通の女の子。ベリィのもっぱらの興味は、”らぶ”の消失を起こすという「0現象」の犯人と噂される、怪人0を友達と捕まえること。ある日、壊れてしまった片目のデコを治すために街へ出たベリィは、デコでは見ることができない、ユーレイのような子供の存在に気がつく。それこそが怪人0だと踏んだベリィは、その子供を追いかけることにする。

・ジャンル:SF、ファンタジー

・感想

 癖が強いな……。まあアニメ制作が湯浅政明監督作品でお馴染みのサイエンスSARUなのである程度察しはついていましたけど、それにしても癖が強すぎ。正直、癖が強くてよくわからなかった。よくわからないなりにも謎の中毒性があるところなどはまさに湯浅作品を彷彿とさせる。とりあえず二話は見てみますけど、もう第一話の時点で脱落しかかっています。

・期待度:×(一応二話は見てみる)

 今回はここまで。次回も夏の新アニメ第一話の感想。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です