【アニメ】2021年夏の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part4

 夏アニメ第一話感想。ラスト。

 2021年夏アニメの新作をピックアップ。放送された第1話の感想を書いていきます。

 ここで感想を書くのは、事前情報ほぼなし、完全初見でクリーンな気持ちで見始めた作品に限ります。2期や3期などの続編もの、またはすでに原作の内容を知っているタイトルは除外します。

 あと、個人的な期待度みたいなものを表記していきます。

 ◎:期待(大)次週も楽しみな作品。

 〇:期待(並)とりあえず面白そうだから見続ける。

 △:期待(小)もしかしたら後々化けるかもしれないから様子見。

 ×:期待(無)多分2話は視聴しないと思われる。

『D_CIDE TRAUMEREI THE ANIMATION』

・公式ページ

https://dctm-pj.com/

・あらすじ

 小学生の頃、優しく憧れの存在だった兄。その謎の死を目撃した龍平は、今や周囲にはその悪夢を感じさせない快活な高校生になっていた。不思議な生物トリスに噛まれた夜、いつもとは違う夢を見る。迫る異形のモノと闘う黒づくめの若者たち。そして怪現象に翻弄される龍平は遂に現実の渋谷で異形を目の当たりにする。

・ジャンル:ローファンタジー

・感想

 スマホゲームっぽいアニメだなーと思ったら、スマホゲームが原作だった。でもまだゲームリリースしていないようで、完全にプロモーションアニメといったところか。おそらくアクションもののゲームだと思われるけど、設定面などで若干置いてきぼり感が否めない。なんとなくわかるけど見ていて面白いかは別問題。多分これ原作ゲームを知っていれば楽しめるファン向けなアニメなんでしょうけど、肝心の原作ゲームが未発売って、どうなのそれ……。アニメ自体はお金かかってそうでクオリティ高いのですが、初見だと視聴がキツイ印象を受けました。とっつきにくい。あとなぜOPが東京事変?

・期待度:×

『ラブライブ!スーパースター』

・公式ページ

https://www.lovelive-anime.jp/yuigaoka/

・あらすじ

 東京の表参道・原宿・青山、3つの街の狭間に設立された新設校、「結ヶ丘女子高等学校」の音楽科を受験した、澁谷かのん。だが歌唱の実技試験で失敗。同学校の普通科に入学した。そんなかのんの目の前に突然、上海から来た少女、唐可可が現れる。かのんと同じく結ヶ丘の普通科に入学した彼女は、かのんと一緒にスクールアイドルを始めたいという。断るかのんだが、可可の情熱を前に部員集めを手伝うことになった。

・ジャンル:青春ドラマ

・感想

 続編ではなく新シリーズということで一応の第一話感想。ラブライブシリーズとして実にラブライブらしい第一話だったかと。まあもはやテンプレート感は否めませんけど。とはいえメンバーが少な目(?)な印象でしたので、初見でも割とすんなり見れました。あとはラブライブらしい青春ドラマを期待したい。あとこれは関係ないですけど、冒頭のギターの作画が間違っているのが気になって話に集中できなかった。アコースティックギターはブロンズ弦なので弦の色に違和感が……。

・期待度:〇

『出会って5秒でバトル』

・公式ページ

https://dea5-anime.com/

・あらすじ

 それはいつもと変わらない朝から始まった。ゲームと金平糖をこよなく愛する高校生の白柳啓は、魅音と名乗る謎の女によってある日突然戦いの場に巻き込まれてしまう。集められた人々に対し「 あなた達にもはや戸籍はない 」「 実験モニターになってもらう 」そして「 能力を与えた 」と語る魅音。啓は己に与えられた能力を使ってゲームを勝ち上がり、組織を潰すことを決意するが―――。誰もが予想しえない能力と、類まれな“脳”力を武器に、新時代の頭脳派能力バトルが始まる!!

・ジャンル:異能力ファンタジー

・感想

 これはある意味すごいな……。すごいというか、クソアニメ的に香ばしい……。基本異能力バトルものですけど、内容がまるで中学生の妄想ノートを映像化したかのような痛々しさでむしろ面白いといったところ。やっていることが「もし教室にテロリストが来たら~」と同レベル。これは一部の人たちにはたまらないアニメかもしれない。あと関係ないけどなぜか『100万の命の上に俺は立っている』を彷彿とさせた。内容は全くもって関係ないのですけど、ヒロイン(らしき女の子)が瓜二つだからかもしれない。とにもかくにも、中二病的に視聴に耐えられるならば見続けようと思います。

・期待度:△

『NIGHT HEAD 2041』

・公式ページ

https://nighthead2041.jp/

・あらすじ

 2041年。精神エネルギーを否定する物質主義社会となった東京。国家保安本部に所属する黒木タクヤ・ユウヤ兄弟は、能力者を騙るミラクルミック逮捕の任務中に謎の少女と遭遇する。一方、超能力をもつが故に研究所に隔離されていたはずの霧原直人・直也兄弟は、目覚めるとなぜか森の中にいた。

・ジャンル:SF

・感想

 今期の「+Ultra」枠。初期の「+Ultra」は完全にSFアニメ枠だった印象でしたが、今回その印象が復活した感じかも。ディストピアの世界観は王道を捉えつつも面白いアプローチで興味深いし、超能力SFとしても見応えがありそうな雰囲気があって、SF好きとして楽しめたSFアニメでした。ちなみにですがこれ元々90年代のドラマが原作で、アニメ化でリメイク(?)したそうですけど、自分は原作のドラマの方は全然知らないです。でもそのため純粋に一本のアニメとして楽しみましたし、期待したい。とはいえ視聴後ウィキペディアを見たら「24話2クールで脚本を書き上げたが、最終的に12話に短縮された」と書かれていて、今後の展開に不安を覚えました。ただ第一話は面白かったです。

・期待度:〇

『Sonny Boy』

・公式ページ

https://anime.shochiku.co.jp/sonny-boy/

・あらすじ

 夏休みも半ばを過ぎた8月16日。長良たち、36人の生徒は虚空を漂う学校に閉じ込められていた。元の世界に帰る方法もわからず、漂流とともに発現した不思議な能力を使って、遊ぶ生徒たち。そんな状況を見かねた生徒会の明星やキャップたちは、学校に秩序を取り戻そうといくつかのルールを決め、生徒たちに守らせようとする。反発する朝風や希たちには厳しい罰が下され、校内は秩序を取り戻したかに見えたのだが……。

・ジャンル:SF

・感想

 これ面白いですね。大まかに『漂流教室』や、近年だと『revisions リヴィジョンズ』みたいに、一部エリアだけ別時空に飛ばされる系のSF。で、第一話に関しては謎だらけの世界観を提示するだけして全容を見せない、そんな謎が興味深い作品でしたね。これは考察が捗るタイプで盛り上がるアニメかもしれない。あとちょっとしたところが文学的でもある。内容はもちろんですけど作画的にも質アニメに分類される作品のため、決して万人受けするようなアニメではありませんけど、個人的にこういうアニメ大好物。これは今期のダークホース枠になるかも(もしくは特大のクソアニメになる期待も)。

・期待度:◎

 以上で2021年夏の新アニメ第一話の感想でした。

『平穏世代の韋駄天達』や『ジャヒー様はくじけない!』は放送開始時期が遅いため今回は割愛します(というか『ジャヒー様はくじけない!』に至っては8月放送だし)。あと『女神寮の寮母くん。』は録画忘れのためこちらも割愛。関係ないですけど今期超能力ものが多い気がする?

 最後に夏アニメの個人的期待度の一覧。

 期待度:◎(次週も楽しみな作品)

『カノジョも彼女』

『Sonny Boy』

 期待度:〇(とりあえず面白そうだから見続ける)

『ぼくたちのリメイク』

『かげきしょうじょ!!』

『月が導く異世界道中』

『白い砂のアクアトープ』

『ラブライブ!スーパースター』

『NIGHT HEAD 2041』

 期待度:△(もしかしたら後々化けるかもしれないから様子見)

『ピーチボーイリバーサイド』

『SCARLET NEXUS』

『ヴァニタスの手記』

『現実主義勇者の王国再建記』

『死神坊ちゃんと黒メイド』

『探偵はもう、死んでいる。』

『精霊幻想記』

『出会って5秒でバトル』

 あとニコニコ動画では大抵の作品が第一話無料配信され、最新話も一週間程度無料配信されますので、見逃した作品や気になった作品がある場合は利用してみてください。

https://anime.nicovideo.jp/period/2021-summer.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です