【アニメ】2021年春の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part3

 今回も新アニメの第一話感想。

 一応おさらい。

 ここで感想を書くのは、事前情報ほぼなし、完全初見でクリーンな気持ちで見始めた作品に限ります。2期や3期などの続編もの、またはすでに原作の内容を知っているタイトルは除外します。

 あと、個人的な期待度みたいなものを表記していきます。

 ◎:期待(大)次週も楽しみな作品。

 〇:期待(並)とりあえず面白そうだから見続ける。

 △:期待(小)もしかしたら後々化けるかもしれないから様子見。

 ×:期待(無)多分2話は視聴しないと思われる。

『聖女の魔力は万能です』

・公式ページ

https://seijyonomaryoku.jp/

・あらすじ

 小鳥遊聖(タカナシ・セイ)は、ちょっと仕事中毒な20代の会社員。ある夜、残業を終えて帰宅すると突然光に包まれ、異世界の王宮に「聖女」として召喚されてしまう。ところが、現れた王子は同じく召喚されたもう一人の少女に夢中で、放置されたセイは暇を持て余す。そんな時、王宮敷地内で出会った青年・ジュードに案内されたのは薬用植物研究所。元々植物好きで研究所に興味を持ったセイは、そこで研究員として働くことになるが、薬草と魔法を使ったポーション作りで思いがけない能力を発揮することに……。

・ジャンル:異世界ファンタジー

・感想

 綺麗ななろう系という印象。まず作画が綺麗。派手ではないのですが丁寧な仕上げを感じさせるほど繊細さがあったような気がします。……制作がディオメディアのくせに。話も落ち着きもあり、とても見やすいアニメではないでしょうか。ただ、綺麗で繊細で落ち着きがあるのはいいのですが、一方で惹きつけられるようなドラマがない……。全体的に薄味気味なんですよね。初回としての惹きが弱いので、正直にいうと何とも言えないアニメという具合。作画はいいんですけどね。しばらく様子見。

・期待度:△

『擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD』

・公式ページ

 https://joran.jp/

・あらすじ

 時は、明治64年。舞台は、徳川慶喜が絶対権力を維持し続けている、もう一つの日本。国家は、独自のエネルギー源、”龍脈”を整備し、江戸時代と科学が混ざり合う、独特な発展を遂げた。しかし、そんな華やかな都市の裏で、革命の炎をくすぶらせ、政権打倒を目論む、反体制派組織クチナワが、うごめく。その駆除を任された、徳川政府の闇組織、「鵺」。幼い頃、家族を殺された雪村咲羽は、「鵺」の処刑人となり、その仇、蛇埜目を探し続けていた。

・ジャンル:SF、現代ファンタジー

・感想

 歴史改変ものといえばいいのかしら。割と凝った作りで映像作品として見入ってしまうものがある一方、情報が断片的で「なんかよくわからないまま見てる」という感覚になりましたね。なんとなくわかる気がする、みたいな。見終わった後に公式HPのあらすじを読んで「そういう話だったのかー」と腑に落ちた感じです。もうちょい説明が欲しかったです。個人的にそこまで刺さる作品でもないのですが、あと二話か三話くらい様子を見たいと思います。とりあえず一話だけだとちょっと判断できないッス。あとなんか『魔道祖師』に似た雰囲気ある。

・期待度:△

『MARS RED』

・公式ページ

https://marsred.tv/

・あらすじ

 大正十二年・初夏の太陽眩しい東京駅に降り立つ前田義信を迎えにきたのは第十六特務隊の森山だった。森山は中島中将の 命令で前田を月島の施設へと誘った。前田がそこで見たものは、女王サロメの台詞を高らかに放つヴァンパイアの姿だった。 ヴァンパイアは帝劇の舞台女優の岬であり、彼女をこのようにしたヴァンパイアが何者なのかを前田は追い始める。だが捜 査の中、前田の耳に岬が月島から脱走したと連絡が入って⸺。

・ジャンル:大正ロマン、ファンタジー

・感想

 つまるところ大正ロマンで吸血鬼ものといった感じ。作画も演出も整っていてクオリティが高いですし、なにより大正ロマン特有のハイカラでエモい雰囲気がいい味出してますね。でもそれらの要素を含めいろいろと意識高い感じに仕上げれていて、ちょっと置いてきぼりをくらった感覚がありますね。でもこういうの嫌いじゃないッス。雰囲気アニメとかオサレアニメとか質アニメとか様々な言い方はありますが、こういったミステリアスな作品を個人的に楽しむのも悪くないので、他の人には勧めにくいですが一人で勝手に楽しみたいですね。

・期待度:〇

『究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら』

・公式ページ

https://fulldive-rpg.com/

・あらすじ

 結城宏(ヒロ)はゲームが大好きな高校生。今日は待ちに待った新作フルダイブRPGの発売日!……だったが、半ば騙されるような形で売り付けられたのは、ZZ指定の超問題作『極(きわめ)・クエスト』。「リアルを極めた」という謳い文句に違わず、グラフィック、NPCの挙動、草木の香りや肌をなでる風、すべてが究極の出来映えであった――リアル過ぎて、クリア不可能なほど「めんどくさい」ゲームである、ということ以外は。報酬は達成感のみ。軽い気持ちで遊べない、史上最もストレスフルなゲームを攻略せよ!

・ジャンル:VRMMO

・感想

 VRMMOものは数多くあるものの、これはおバカな感じでコンセプトが面白いですね。第一話だととくにBパートから斜め上をいく展開でまさにクソゲーっぷりを発揮。一見出オチネタっぽさもありますけど、でもこれから一体どのようなかたちでクソゲー感がエスカレートしていくのか、そしてそのクソゲーからどのようなコメディに繋げていくのか、そういった面で楽しみを期待できそうな手応えみたいなものがあったと思います。個人的な好みの問題もありますけど、とりあえずしばらく視聴続けてみます。

・期待度:〇

『スーパーカブ』

・公式ページ

https://supercub-anime.com/

・あらすじ

 朝目を覚ましそそくさと朝食を済ませ、お弁当を用意し家を出る。親はいない、お金もない、趣味もない、友達と呼べる人も将来の目標もない、「ないないづくし」の女子高生「小熊」。そんな彼女がたまたま立ち寄った場所、「バイクショップ」。そこで出逢ったのは古びた1台のバイク、後に小熊の生活を一変させる「スーパーカブ」だった。

・ジャンル:現代ドラマ

・感想

 腐ってもカクヨムユーザーなので作品の存在だけは知っていた(カクヨムユーザーなのに読んでねぇのかよ!? ってツッコミはなしで)。アニメ、空気感がいいですねー。背景とかの美術まわりを綺麗に仕上げていますし、台詞少ないにもかかわらず多くのドラマを感じさせるものもありますし、なにより無表情ヒロインがカブ眺めてニヤニヤしているのが可愛い。劇的なドラマとかはないんですけど、でもこういった何気ない日常をエモーショナルに描くの、すごくいいと思います。静かにゆったりとした作品として、ある種の癒し目的で楽しめそうなアニメだと感じました。……原作、読もうかしら? というかカブ乗りたくなった。でもカブはカブでも自分はクロスカブの方が好きです。

・期待度:〇

『Fairy蘭丸〜あなたの心お助けします〜』

・公式ページ

https://f-ran.jp/

・あらすじ

 夭聖界。女王の前に集められた5人の青年たちは人間界で愛著(あいじゃく)を集めるよう命を受ける。なぜ自分たちが命を受けたのか腑に落ちない5人、しかし女王の命令に背く事は許されず人間界へ。年長の寶が営むBAR『F』で5人の人間界での共同生活が始まる。寶以外の4人は高校へと通い愛著を集めることになった。登校初日、蘭丸はSNSで酷い誹謗中傷の書き込みをされ気が動転していた英子を助ける。書き込みの犯人は同級生の美々だった―――。

・ジャンル:現代ファンタジー

・感想

 なんだこれ!? とんでもないアニメに出会ってしまったようだ! 一見女子向けで(乙女系なのかそれとも腐なのか)端的に野郎による魔法少女ものといったところ。でも全体的にシュールだし前衛的だし、あと曲が妙に歌謡曲っぽさもあって……つまり、なんだこれ? 薬でもキメてるのか? ちょっといろいろとかっ飛ばしていてよくわからないッス。でもネタアニメとしては最高です。これ真面目に視聴するタイプの作品ではなく、どちらかというと実況向けやニコニコ動画向けのような気がします。ヤベェよ……これ今期のダークホースだわ……。

・期待度:◎(実況向けネタアニメとして)

『バクテン!!』

・公式ページ

https://bakuten-pr.com/

・あらすじ

 中学生活最後の夏、双葉翔太郎は、ふと訪れた体育館で「男子新体操」と出会う。翌年、私立蒼秀館高等学校(=アオ高)に入学し、男子新体操部の門を叩いた翔太郎を迎えたのは、個性的な先輩たちと、同じ1年であり中学男子新体操のスターだった美里良夜。先輩たちと美里に見守られ、さっそく「バク転」に挑戦する翔太郎だったが……。

・ジャンル:スポーツ

・感想

 このところホモホモしいノイタミナ枠。確かに野郎ばかりですけど、でもこの作品に関してはそこまでホモっぽくないですね。少なくとも前期のバレーボールよりは普通に見れるかと。新体操ということで所謂スポーツもの作品になりますが、割とストレートに青春スポーツしている印象で王道らしさみたいなものを感じましたね。個人的な好みを言うとあと一人二人くらい脇役の可愛い女の子が登場してほしいですけど、純粋にスポーツものとして期待したいですね。……某バレーボールのようにやり過ぎな女々しさやホモっぽさを控え目にいていただけると見やすいです。

・期待度:〇

 という感じで、このあたりでいい文字数となりましたので一区切り。

 次回も春アニメ第一話の感想(主に第二週土曜日分)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です