【アニメ】2021年秋の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part4

 秋アニメ第一話感想四回目。最近五時起きでアニメ見てる……。

 一応おさらい。

 ここで感想を書くのは、事前情報ほぼなし、完全初見でクリーンな気持ちで見始めた作品に限ります。2期や3期などの続編もの、またはすでに原作の内容を知っているタイトルは除外します。

 あと、個人的な期待度みたいなものを表記していきます。

 ◎:期待(大)次週も楽しみな作品。

 〇:期待(並)とりあえず面白そうだから見続ける。

 △:期待(小)もしかしたら後々化けるかもしれないから様子見。

 ×:期待(無)多分2話は視聴しないと思われる。

『ヴィジュアルプリズン』

・公式ページ

https://visualprison.com/

・あらすじ

 結希アンジュは16歳。故郷を離れ、憧れのアーティスト・ギルが活躍していた街・ハラジュクを訪れたところ、ヴィジュアル系ユニットECLIPSEとLOS†EDENのライブバトルに遭遇する。エネルギッシュなステージに圧倒される中、突然激しい痛みがアンジュを襲う――

・ジャンル:現代ファンタジー

・感想

 アニメというよりただのPVではなかろうか? 話の内容よりも歌うことがメインになっている感がある。イメージとしては『ヒプノシスマイク』をヴィジュアル系にしたもの。まあヴィジュアル系とはいえバンドではない(全員ヴォーカル)し、そもそもそんなところでライブするんじゃないと、いろいろとツッコミどころが多く、クソアニメ的には面白かった。とはいえ『ヒプノシスマイク』ほど奇抜でもなく小綺麗にまとめられているので、クソアニメとして見るにはクソ具合が足りない感じではあります。うん、一話で充分。

・期待度:×

『終末のハーレム』

・公式ページ

https://end-harem-anime.com/

・あらすじ

 2040年、難病の細胞硬化症に罹り、コールドスリープすることになった医学生・水原怜人は幼馴染・橘絵理沙と再会を約束し、長い眠りにつく。だが5年後、目覚めると世界は一変していた。MKウイルスによって99.9%の男性が死滅していたのだ。ウイルスへの抵抗力を持つ怜人は、絵理沙に瓜二つの担当官・周防美来からある依頼をされる。それは人類の存続のため、残された女性たちとメイティング(子作り)することだった…!

・ジャンル:SF、ラブコメ

・感想

 正直に言うと、すごく面白かった。所謂男性向けエロアニメなんですけど、でも世界観とかがSFとしてちゃんと成立していて、なんかくやしい……エロアニメのくせに! 個人的にはあくまでSFアニメとして早く第二話を見たいのですが、さっき公式ページ覗いたら第二話以降放送延期になっていて笑った(しかも第一話放送当日に告知)。本来なら秋アニメですけど実質来期のアニメとなってしまいましたが、自分としては1クール待つ価値のあるSFアニメだと、第一話を見て思いました。

・期待度:◎

『大正オトメ御伽話』

・公式ページ

https://taisho-otome.com/

・あらすじ

 事故であらゆるものを失い、山奥に追いやられた志磨珠彦のもとへ、“妻”となる白無垢の少女がやってくる。

・ジャンル:恋愛

・感想

 甘々ですなー。でもこういうの嫌いじゃない。見やすい甘々でした。ヒロインはでき過ぎなくらいのロリ良妻賢母ですけど、一方で主人公の方は可愛らしく童貞を拗らせていて、ある種のコメディとして楽しめる。某からかい上手の〇〇さんをもっと距離を近づけて甘々にした感じかも。なんだか、視聴しながら浄化されていく感覚がありました。もしかしたら癒しアニメかもしれない。

・期待度:〇

『最果てのパラディン』

・公式ページ

https://farawaypaladin.com/

・あらすじ

 死者の街と呼ばれる辺境の地で、少年ウィルは三人の不死者(アンデッド)に育てられていた。愛情を一身に受け健やかに育つウィルだが、自分以外にこの地に住んでいる人間はいない。なぜ自分はここにいるのか、そして三人がひた隠しにする秘密とは何なのか。そんな疑問を抱くようになるが、彼自身にも秘密があり…。

・ジャンル:異世界ファンタジー

・感想

 なろう作品で実際に異世界転生要素はあるのですが、でもそこまでライトな印象はないですね。むしろもっと硬派なハイファンタジーといったところ。おそらく原作の表現からアニメの台詞などを書き起こしているのでしょうけど、言葉の端々に文学的な表現が見え隠れしていましたので、単純ななろうアニメとして見ず本格ファンタジーアニメとして見た方がいいのかもしれませんね。第一話ではまさに序章の序章といった具合でまだなんとも言えませんが、良作の予感だけはします。

・期待度:△

『ビルディバイド -#000000-(コードブラック)』

・公式ページ

https://anime.build-divide.com/

・あらすじ

 ARインフラが完備された街「新京都」は、「王」と呼ばれる存在に統治され、あらゆる優劣がビルディバイドの強さで決まる理不尽な世界であった。ある日、この街をパンを片手にさまよっていた蔵部照人は、チンピラに追われていた少女、晩華桜良をカードの力で助ける。その威力を見て、桜良は照人のビルディバイドの能力がかなりのものと見込み、その場でバトルを申し出る。彼女は王への挑戦権を得るための「リビルドバトル」を勝ち進むことができる実力者を探していた。しかし照人はほとんどの記憶を失っていて……!?

・ジャンル:SF

・感想

 TCGアニメだが、まるでわからねぇ……。アニメではあるのですが販促アニメの意味が強く、初回としてはルール説明としてのチュートリアル的な内容になっている。けど知らないゲームのルールを一気に説明されてもまるで実感がなく、すんなり理解できない。昔WIXOSSってアニメがありましたけど、WIXOSSはルール説明とか一切しない代わりにドラマ性を重視した作品でしたし、それこそ遊戯王とかはネタとして面白い作品でもありましたけど、これはTCGをメインにしたばかりに話はあまり面白くない。やり方としては逆効果で、販促アニメとして失敗しているのではないかと思いました。とりあえず、よくわからなかった。

・期待度:×

『逆転世界ノ電池少女』

・公式ページ

https://denchi-project.com/

・あらすじ

 何ごとにも空っぽな自分に目を背けながら、娯楽に溺れる街、歌舞伎町で闇営業のホストをして借金返済の日々を過ごしていた久導細道。騙し騙され暮らしてきたある日、ついに真国政府の摘発を受けることになってしまう。すべてが違法の街と成り果て、自らも捕まれば命はない中、細道は容赦なく追い詰められていく!しかし、そんな絶体絶命のピンチを“逆転”してくれたのは巨大人型兵器「ガランドール」だった!

・ジャンル:ローファンタジー

・感想

 今期何本目かのロボット枠。テンションでゴリ押ししている感じで、よくも悪くも十年前とか二十年前ような古さ(懐かしさ?)を感じさせた。まあこのテンションにはついていけなかったのですがね。作品のコンセプトというか、やりたいことは理解できる。けど、それ以外の細かい世界観の設定などは語られていないせいか、世界観に説得力が足りてなくイマイチ飲み込めない感覚があるといったところ。というか! 公式ページの「イントロダクション」で世界観の説明がされてますけど、いやそれを第一話で描いてくれよ! なんだろう、オリジナルアニメなのに初見殺ししないでくれ。なんかやりたいことと描くべきところがちぐはぐな感じがしました。

・期待度:×(もしかしたらもう一話くらいは見るかもしれない)

 今回はここまで。次回も秋アニメ第一話の感想。おそらく次がラストになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です