【アニメ】2020年春の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part3

 前回と同じく、今回も春アニメ第一話の感想。第三弾です。

 一応おさらい。

 ここで感想を書くのは、事前情報ほぼなし、完全初見でクリーンな気持ちで見始めた作品に限ります。2期や3期などの続編もの、またはすでに原作の内容を知っているタイトルは除外します。

 あと、個人的な期待度みたいなものを表記していきます。

 ◎:期待(大)次週も楽しみな作品。

 〇:期待(並)とりあえず面白そうだから見続ける。

 △:期待(小)もしかしたら後々化けるかもしれないから様子見。

 ×:期待(無)多分2話は視聴しないと思われる。

『白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE』

・公式ページ

https://colopl.co.jp/shironekoproject/animation/zero_chronicle/

・あらすじ

 ずっとずっと、昔のこと。はるかな天空に浮かぶ、美しい王国。その玉座で丸まる気高き白猫に、泥にまみれた黒猫が恋をした。それが、すべてのはじまり――。黒の王国の辺境の集落で、少年は慎ましい暮らしをしていた。しかしある時、少年の住む村に現れた魔獣のせいで、村は壊滅してしまう。一人だけ生き残った少年は、村人の墓を掘っていた。そこへ、黒い鎧を纏った謎の剣士、スキアーズが現れ――

・ジャンル:ファンタジー

・感想

 有名なソシャゲ原作のアニメ。タイトルは聞いたことがある。まあ見る前からわかっていたものの、これ原作ファン向けのアニメであって初見で見るものでもないですね。何といいますか、話のテンポが速くご都合的にとんとん拍子で展開していくので、初見だと割と置いていかれる感覚があります。おそらく原作をカットしまくっているのではないでしょうか。ただお話そのものはボーイミーツガールのようでもあるため、全くついていけないというわけではありませんでした。「†闇の王子†」みたいな中二っぽい痛々しさもありますが、まあそれらを含めて実況向きなアニメのような気がしました。あと人気ソシャゲ原作であるためか金がかかっているアニメだということはよくわかりました。

・期待度:△

『プリンセスコネクト!Re:Dive』

・公式ページ

https://anime.priconne-redive.jp/

・あらすじ

 記憶を失った少年・ユウキは見知らぬ世界で目を覚ました。彼の従者となるべく現われた小さなガイド役・コッコロとともに、2人は美しき大地「アストライア大陸」を旅していく。王都「ランドソル」に到着した彼らは宿代を稼ぐため、ギルド管理協会の仕事を引き受けてキノコ狩りのクエストに出かけるのだが……。

・ジャンル:異世界ファンタジー

・感想

 有名ソシャゲ原作アニメその2。でもこっちは結構面白かった。ダメ男を献身的に支えてしまうタイプのコッコロちゃんがなかなかのツボでして、あの、バブみに目覚めてしまいそうな内容でした。これはヤバい……。ソシャゲ原作ではあるんですが、第一話では登場人物を抑え尚且つコメディ寄りに仕上げているため、初見でもとても見やすかったです。たとえるならば金をかけた『このすば』みたいな感じでしょうか。まあ監督が同じらしいですけど。内容は割とどうでもいいですが、とりあえずコッコロちゃんの可愛さと癒しだけを求めて視聴できそうですね。頭空っぽにして見てきたいです。

・期待度:〇

『シャドウバース』

・公式ページ

https://anime.shadowverse.jp/

・あらすじ

 天青学園に通う少年、竜ヶ崎ヒイロ。世間で大流行中のデジタルカードゲーム『Shadowverse(シャドウバース)』、通称・シャドバをプレイしたいヒイロだったが、祖父であるシゲフミにスマホを買ってもらえないでいた。ある日の朝、いつものように登校しようとしたヒイロは、自分を呼ぶ謎の声を聞く。その声に導かれ、自宅の蔵に入るヒイロ。蔵の中には、真新しいスマホが置かれていた……。

・ジャンル:SF(?)

・感想

 ソシャゲアニメその3。放送時間帯的にキッズ向けのアニメとなっている印象。近未来を思わせる世界で大ブームとなっているデジタルカードゲーム、という方向性は、この手のホビーキッズアニメによくある設定ということもあり王道的で割と面白かったです。まあゲームやっていないので対戦シーンとかルール全然わからなくてついていけなかったですけどね。ただ全くわからないんですけど、対戦の流れが結構ご都合的だったのではと感じるものがありました。まあそこはターゲット層であるキッズに配慮した具合ですかね。キッズアニメとしてはいいですけど、でもシャドバわからないので、今後は時間があったら見る程度になるかもしれませんね。それにしてもスマホの奪い合いとかヤベェ世界だな……。個人情報だだ漏れじゃん。というか取られても事前にバックアップとっといて新しいスマホ用意すればいいんじゃね? というツッコミは野暮ですか?

・期待度:△

『放課後ていぼう日誌』

・公式ページ

https://teibotv.com/

・あらすじ

 田舎に引っ越してきたばかりの新入生・鶴木陽渚は手芸が好きなインドア派。入学前のある日、海沿いの道を歩いていると、堤防の上でふらふらとしている人影を見かけます。熱中症かと思った陽渚は慌てて駆け寄るのですが、その女性は「釣りをしていた」との事。黒岩と名乗る彼女は、陽渚と同じ高校の先輩だと言うのですが……。

・ジャンル:青春ドラマ

・感想

 おっさん趣味系日常アニメ。派手な展開はないものの、むしろかえってゆったりとした気分で視聴できるアニメといったものですね。作画も釣りシーンとか安定しているのもいいし、釣り具の描写とかも凝っていたので、釣り好きにはたまらない作品かもしれませんね。釣り版の『ゆるキャン△』……というよりは釣り版の『ばくおん!!』ってところかと。ただ『ばくおん』は狂気を感じるほどの頭のおかしさ(誉め言葉)があったので、こちらはどちらかといえば『ばくおん』から頭のおかしさを直したアニメって印象ですね。もうちょっと様子見……、といいつつ結局なんだかんだで見続けちゃうタイプのアニメかもしれない。

・期待度:△

『無限の住人-IMMORTAL-』

・公式ページ

https://mugen-immortal.com/

・あらすじ

 江戸時代──。町道場の娘、凜は殺された父母の仇を討つため旅に出た。旅の用心棒として選んだのは、百人斬りの異名を持つ不死身の男、万次。狙うは憎き男、逸刀流統主・天津影久。無限の時を生きる男と復讐に生きることを決めた少女の旅が、ここに幕開く。

・ジャンル:歴史・時代

・感想

 結構面白かったです。冒頭でグロ注意的な注意書きがされるのですが、注意書きするだけあってなかなかエグイ絵面が多かったですね。というかテレビ放送のための規制で画面がほぼ真っ暗になり何やってるかわからんよ。でもこういった特大シリアス作品は嫌いじゃないッス。作画もなんか湿度の高い空気感があってそれが和風感を醸して出しているし、加えてcv津田健次郎だしで、俺得アニメって感じでしたね。昔アニメ化されているそうですけど、旧アニメ版も原作も知らなかった作品なのでとても新鮮な気持ちで見れました。これどうやら去年にAmazonプライムビデオでネット配信されたものを今テレビ放送しているらしいので、次回の放送待たずにAmazonでフライングしちゃうかも。それくらいに引き込まれたアニメでした。

・期待度:◎

『BNA ビー・エヌ・エー』

・公式ページ

https://bna-anime.com/

・あらすじ

 タヌキ獣人の影森みちるは、獣人差別主義者の人間たちから逃れ、獣人が自由に生きられる街・『アニマシティ』にたどり着く。ちょうどその日は、街の設立10年を祝う祭りの日。獣人たちは自分たちの本来の姿、けものの姿に変身し、獣人であることを自由に表現している。活気のある街の様子にワクワクするみちるは、祭りを見て涙を流すヘンなオオカミ獣人・大神士郎と出会う。ところが、祭りのなかで爆発が起き、広場はパニックに。しかもみちるは士郎に犯人と間違えられて捕らえられてしまう。誤解は解けたものの、事件に巻き込まれたみちるは、士郎に自分のヒミツを明かす。みちるは、突然タヌキ獣人になってしまった『元・人間』だったのだ。

・ジャンル:現代ファンタジー

・感想

 これは『BEASTARS』かな? なんか近年ケモナー作品が急に増えた感じがします。『BEASTARS』はどちらかといえば海外ドラマを意識した作風でしたけど、こちらはもっとアニメに寄せた仕上がりになっている印象。現実での人種問題を彷彿とさせる獣人差別のテーマ性や、アニメーションとしての演出方法など、海外の視聴者をターゲットにしているかのようです。まあそこはさすが「+Ultra」枠。初回の掴みとしてはいいですが、しかし第一話の段階ではこれからどういった方向性で物語を進めるのか予測がつかない感じです。そういった意味では今後よくも悪くも意外性を見せてくれそうな期待感が湧いてくる、というのが素直な感想でした。悪くはなくむしろ面白いですが、もうしばらく様子を見たい作品でした。

・期待度:〇

 今回はここまでです。次回がおそらく春アニメ第一話の感想最終回になるかと思います。引き続きどうぞ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です