【アニメ】2020年春の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part2

 引き続き新アニメの第一話感想。

 一応おさらい。

 ここで感想を書くのは、事前情報ほぼなし、完全初見でクリーンな気持ちで見始めた作品に限ります。2期や3期などの続編もの、またはすでに原作の内容を知っているタイトルは除外します。

 あと、個人的な期待度みたいなものを表記していきます。

 ◎:期待(大)次週も楽しみな作品。

 〇:期待(並)とりあえず面白そうだから見続ける。

 △:期待(小)もしかしたら後々化けるかもしれないから様子見。

 ×:期待(無)多分2話は視聴しないと思われる。

『アルテ』

・公式ページ

http://arte-anime.com/

・あらすじ

 フィレンツェの貴族の家に生まれたアルテは子どもの頃から絵を描くことに夢中だった。母親の反対を押し切って、画家になるために家を飛び出した。画家工房への弟子入りを決意し工房を回るが、女というだけで絵を見てもらうことすらできない。そんな中、唯一自分の絵を見てくれたレオに出会う。レオはアルテに弟子入りを認めるための課題を出す。

・ジャンル:歴史・時代、恋愛(?)

・感想

 コレとてもよかったです! 16世紀のヨーロッパを舞台に「働く女性」や「女性の自立」といったテーマが丁寧に描かれていますので、いい意味として、本来の意味としてのフェミニズムを感じさせる内容でした。こう時代や文化に立ち向かっていく主人公の姿勢は、どことなく少年漫画のような熱さもあってストーリー性との相性がよく、初回としての掴みは素晴らしかったですね。あといち男性視聴者としては、主人公のアルテちゃんが可愛く、また健康的なええ体しているのもあって、アルテちゃんを見ているだけでニヤニヤしてしまいます。時代背景や話のテーマ性、引きのいいストーリーに加えて萌え的な魅力もいいので、割と広い範囲の人に刺さるようなアニメだと感じました。これは期待ですね。

・期待度:◎

『ギャルと恐竜』

・公式ページ

http://galkyo.com/

・あらすじ

 酔った勢いで恐竜を拾ってきちゃった!でもギャルは悩まないんで、よろ!

・ジャンル:ファンタジー

・感想

 超作画()。いやまあ……6割ぐらい実写パートなんですけどね。何といいますか……『ポプテピピック』を意識したようなアニメでした。シュール過ぎて見るのがつらいです。『ポプテピピック』の面白さってほぼ声優アニメだったからだと思うのですが、その声優要素をなくしたアニメに意義はあるのだろうかと疑問に思いましたね。いやー『ポプテピピック』って面白かったんだなーと再確認しました。せめて5分アニメとしてやってほしかったです。

・期待度:×

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』

・公式ページ

https://hamehura-anime.com/

・あらすじ

 カタリナ・クラエスは、頭をぶつけた衝撃で女子高生だった前世の記憶を取り戻し、自分が夢中になっていた乙女ゲームの登場人物の一人、わがままで傲慢ちきの悪役令嬢になってしまったと気づく。良くて「国外追放」最悪「死亡」する「破滅フラグ」を回避する為、カタリナは行動を開始するのだった。

・ジャンル:異世界ファンタジー、恋愛

・感想

 今期のなろう枠その2。そうか……これが所謂悪役令嬢というジャンルなんだな。作品のコンセプトとしてはとてもわかりやすいです。一方でわかりやすいからこそワンパターンになってしまわないか心配にもなりますね。第一話としてそこまで強力な掴みはなかったものの、でもシンプルな見やすさはあったと思います。印象としては実況向き、あるいはニコニコ動画でコメントありで視聴すると大盛り上がりしそうなタイプのアニメと思いました。……ニコ動で配信してくれるとありがたい。あと視聴後に公式ページに行ってみたら何やら百合の波動を感じましたので、百合展開を密かに期待しています。

・期待度:〇

『イエスタデイをうたって』

・公式ページ

https://singyesterday.com/

・あらすじ

 大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしている魚住陸生。特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きる陸生の前に、ある日カラスを連れたミステリアスな少女ハルが現れる。ハルの破天荒な振る舞いに戸惑う陸生。更に、かつて憧れていた大学の同期生森ノ目榀子が東京に戻ってきたことを知らされる。

・ジャンル:現代ドラマ

・感想

 タイトルは聞いたことあるものの内容は知らなかった作品。でもこういう雰囲気の作品嫌いじゃないです。主人公の腐れ具合による華々しさとは無縁の日常は、小説でたとえるならどことなく三秋縋作品に近いものを感じました。まあ『イエスタデイをうたって』の方が早い連載作品ですけど。アニメとしては画的な派手さはなく、お話としてもスローテンポのため、好き嫌いが分かれるタイプだと思います。というか退屈に感じられる方が多いかと思います。けれど自分としてはゆっくり楽しみたいと思えた作品でした。

・期待度:〇

『グレイプニル』

・公式ページ

http://gleipnir-anime.com/

・あらすじ

 普通の日常を送る男子高校生・加賀谷修一には、秘密があった。「犬のきぐるみ」に変身するという特殊能力を持っていたのだ。ある時、その力を使い、火事の現場から一人の気を失った少女を助け出す。誰にも見られなかったはずが、他ならぬその少女・青木紅愛(クレア)に気づかれていた。バケモノの正体を知られた修一は、身体の秘密を紅愛に問い詰められることになるが…

・ジャンル:現代ファンタジー

・感想

 うーん……感想が難しいアニメだけど、とりあえずエロかった。cv東山奈央キャラがエロかったです。それ以外では、話がスローテンポ(?)でよくわからないまま終わってしまった感があり、第一話の掴みとしてはあまりよくなかったです(ただしエロの掴みは抜群)。雰囲気だけは『未来日記』とか、前期の『ダーウィンズゲーム』みたいなデスゲームを感じさせるものがありましたので……これそういう作品なんですかね? エロかったけどよくわからなかったというのが素直な感想でした。

・期待度:△

『社長、バトルの時間です!』

・公式ページ

https://shachibato-anime.com/

・あらすじ

 「お願い、私たちの社長になって!」幼馴染のユトリアに呼び出され、突然そう告げられたミナト。流されるままに、ミナトは行方を眩ませた父親に代わって倒産寸前のキボウカンパニーの社長になることに。

・ジャンル:異世界ファンタジー

・感想

 世界観の設定とかバトルシーンとかいろいろとツッコミたいところがあるけど、ただ一つ言えることは、見終わっても残るものがない、といったもの。ゲーム的な世界観で会社運営という名のテンプレ異世界ファンタジーをする、というシンプルなコンセプトですが、今のところチュートリアルで終わってしまっているのでこれといって見応えがありません。まあ第一話としては正攻法ですけど、もう少し強い引きが欲しかったです。正直30分が長かった……。ただキャラは可愛いので(とくにcv市ノ瀬加那ヒロイン)、キャラ可愛さを目的にもう少し様子を見てみます。

・期待度:△

 今回はここまで。これで新アニメの第一週分の感想は書けたかも。

 次回も引き続き春アニメの感想です。お楽しみに。

関連記事

“【アニメ】2020年春の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part2” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です