【アニメ】2021年冬の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part1

 あけましておめでとうございます。今年のお正月はカレンダー的にお休みが短くなっているような気がします。そんなわけで三が日が明けてすぐの結構早めに冬アニメがスタートしています。

 ということで2021年冬アニメの新作をピックアップ。放送された第1話の感想を書いていきます。

 ここで感想を書くのは、事前情報ほぼなし、完全初見でクリーンな気持ちで見始めた作品に限ります。2期や3期などの続編もの、またはすでに原作の内容を知っているタイトルは除外します。

 あと、個人的な期待度みたいなものを表記していきます。

 ◎:期待(大)次週も楽しみな作品。

 〇:期待(並)とりあえず面白そうだから見続ける。

 △:期待(小)もしかしたら後々化けるかもしれないから様子見。

 ×:期待(無)多分2話は視聴しないと思われる。

『ゲキドル』

・公式ページ

http://gekidol.com/

・あらすじ

 初めてスーパーマテリアルシアターでいずみの舞台を見たせりあ。その迫力に興奮し、自分も役者として、あのステージに立ちたいと思うようになる。その後、街中で「アリスインシアター」という劇団の案内チラシをもらったせりあは、好奇心も手伝って劇団のある建物を訪れる。

・ジャンル:SF

・感想

 MXでは第1話だけ。あとはAT-XとBSのみ。内容としては一見演劇系アイドルもののようですが、そこに加わる謎のSF要素。このSF要素はたとえるならば『revisions リヴィジョンズ』のような街の一部が消失するといったもの(とはいえこの作品では消失した方ではなく残された現実が舞台)。SFとしてのエモいセンスオブワンダーを感じさせるものの、第1話の段階ではSF的にまだ大きな展開はありませんね。第1話は女の子が演劇のスタートに立った、というエピソード。SF好きとしてちょっとおもしろそうだなーと思いました。あと多分ゴクドルズは関係ないと思われる。

・期待度:〇

『アリスインデッドリースクール』

・公式ページ

http://gekidol.com/alicein/

・あらすじ

 学校の屋上で漫才の練習をしていたユウとノブ。同じ頃、校舎の中は人間ではない「別のモノ」の存在であふれていた。「別のモノ」に噛まれて死ぬと、同じく「別のモノ」となって人を襲うようになるという。混乱した学校で、ユウとノブ、そして生き残った生徒たちはその魔の手から逃れることができるのだろうか――。

・ジャンル:ホラー

・感想

『ゲキドル』の劇中劇ということらしい。なんかゲキドルより面白かったんですけど。端的にB級ゾンビものといったところで、シリアスな『がっこうぐらし!』な感じ。演出であったりカットであったりと所々でちょっと意識高いシーンが挟まれており、映像として見ていて楽しかったですね。何というか実写的なカメラワークみたいな。こちらどうやら『ゲキドル』のブルーレイにOVAとして収録されるらしいですけど、いや『ゲキドル』よりもむしろこちらを普通のテレビシリーズで見たいと思いました。どうしてこうなった?

・期待度:×(内容としては〇)

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語』

・公式ページ

https://lasdan.com/

・あらすじ

 都会から遠く離れたコンロン村で暮らす少年ロイド。村では一番弱いけれど物語で憧れた英雄のようになりたい彼はアザミ王国士官学校の入学試験を受けに王都へとやってきた。まずは村長の知り合いであるイーストサイドの魔女・マリーのもとを訪れ身の上話をするが、自信のなさとは裏腹に彼の語る話はどれも常識離れなものばかりで……。

・ジャンル:異世界ファンタジー

・感想

 無自覚系の俺TUEEE。スローな展開と思いきや急にトントン拍子で話が動いていくのですが、基本ストレスフリーな作品かと。と同時にあんまり見応えが……ない。なんだろう、前期に放送していた『神達に拾われた男』みたいな感じなので、こういうノリが好きになれれば面白いんじゃないかと思いました。一応3話くらいまで様子見。

・期待度:△

『装甲娘戦機』

・公式ページ

http://soukou-musume-senki.com/

・あらすじ

 新型LBX発表会にやってきたリコは、父へのおみやげに買ったLBX福袋の中のキットに触れたとたん別時空へ転移、装甲娘アサシンとなって並行世界の大地に降り立つ。第二次時空震と呼ばれる超常現象が襲う中、謎の金属生命体ミメシスと人類が死闘を繰り広げる光景をVRゲームと思い込み参戦するも歯が立たず、なぜか敵の攻撃を喰らうと痛い――。窮地を救ってくれた先輩装甲娘たちからそれが現実であることを知らされたリコは、この世界で装甲娘として生きてゆく決意を固め……られるはずなどなかった。

・ジャンル:SF

・感想

 なんだろう、魔法少女ものをロボットアニメにしてなろう風異世界転移してみた、というのが率直な感想。変身バンクが気合い入っていたけど尺長くね? その他もあっさりモブキャラが死んでいくシリアスな世界観だけど、メインキャラたちはノリが軽いので、シリアスをやりたいのかコメディをやりたいのかがちょっとわからなかったです。たとえると前期の『アサルトリリィ』からSF要素と百合要素をかなり薄めた感じかも。一昔前なら夕方アニメで放送されていてもおかしくないかな。つまらないわけではないですが、個人的には第一話の掴みはイマイチでしたね。今後どうなるのか?

・期待度:△

『オルタンシア・サーガ』

・公式ページ

https://animehorsaga.jp/

・あらすじ

 聖王暦767年12月5日、イエペタス半島に700年の歴史を誇る大国・オルタンシア王国に対し、カメリア公国が突如反旗を翻す。反乱から3年後―オーベル領主・アルフレッドは、従者・マリユス、元王国騎士・モーリスと共にエルプ高原での戦闘に初参加するも、カメリアの宿敵・ルギスの右腕であるロイを相手に、苦戦を強いられてしまう。初陣で己の力不足を痛感したアルフレッドは、父・フェルナンドと家族の墓前であることを心に誓う。

・ジャンル:戦記ファンタジー

・感想

 原作ゲームのことはよくわかりませんが、『ファイアーエムブレム』みたいなものという認識で大丈夫でしょうか? 第一話としては本当にプロローグ的な内容でして、世界観とかストーリーの方向性がなんとなく理解できる一方、まだ序盤故に見応えのあるシーンがない感じですかね。もっとこうファンタジー戦記ならではのアクションシーンや戦術政治の駆け引きとかあれば化ける作品かなと思いました。自分がファンタジー苦手であることもありますが、このままのノリで続けられるとちょっと辛いっス……。あと無駄に声優が豪華。どうなることやら。

・期待度:△

 いい感じの文字数となったので今回はここまで。次回も引き続き冬アニメの第一話感想です。

 ちなみにですが『裏世界ピクニック』は原作小説もコミカライズ版も読んでいてアニメ初見ではないため、今回第一話感想記事は書きませんでした。というか、以前ここで記事にしていますので作品についてはそちらを。キャラデザとかはコミカライズよりですが、ホラー感は若干薄まった感じのアニメ化、という印象でした。まあ原作もコミカライズもくねくねパートはそんなに……なので、これ以降の面白いエピソードの映像化に期待。

“【アニメ】2021年冬の新アニメ、第1話を視聴した感想 Part1” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です